風暴球01

左邊是大號的有附底座 、 右邊是小的無底座。 [圖片取自官網]

 

 在賽先生科學玩具裡面的形容:

結晶風暴球的原型“ Storm glass ”在19世紀的歐洲航海上被作為氣象觀測設備。

發明者是英國海軍上將Robert FitzRoy,曾用於當時一些有名的航行,例如生物學家達爾文的小獵犬號。

將蒸餾水、酒精、硝酸鉀、氯化氨和樟腦等混合液注入密封玻璃瓶內,再藉由觀察瓶內液體結晶狀況來預測天氣。

在多次航程中,Robert FitzRoy 仔細記錄了結晶風暴球預測天氣的方式。

結晶風暴球在小說家Jules Gabriel Verne於1873年出版的作品《海底兩萬里》中,被安裝在著名的巨型潛水艇「鸚鵡螺號」。

 

500x0

我買的是小的!

想買他已經想很久了、年初的時候我看台灣當時都賣好貴好貴好貴,

於是問了化學老師那材料容不容易買到、想請遠在日本的他幫我帶個天然純樟腦回來。

【材料】
 2.5 g 硝酸鉀
 2.5 g 氯化銨
 33 mL 蒸餾水
 40 mL 乙醇(酒精)
 10 g 天然樟腦(±)-Camphor

(材料消息取自https://www.facebook.com/BunSyo

 

結果老師聽到我要自己做化學物他立刻嚇到表示:我從日本幫你買、你別做實驗.............

於是我就進入了漫長的等待XDDD

春夏秋冬過去老師終於回台灣了!!

 

於是我們來開箱吧!!

DSC02476

盒子素素的 

 

DSC02477

裡面有說明書、和堅固的保麗龍防撞 

 

DSC02478

 

DSC02479

 

DSC02480

 

 

博客來的翻譯示意圖:

風暴球08

 

DSC02481

由於小的沒有底座、我就拿了一朗木創的杯墊擋一下XD

假裝他有個底座囉!!! 

 

DSC02484 

 

DSC02483

 

DSC02486

剛拿回來裡面是雪花狀的結晶 

 

DSC02487

 

DSC02493

拿手機燈照照 

 

DSC02490

 

DSC02503

想體驗下雪的樣子、結果拿去冰箱冰過頭了....

雪已經下到滿了(囧) 

 

DSC02504

 

DSC02495

 

DSC02498

 冰過之後拿燈照他的樣子

 


 

 完畢 

又是個好玩多過於實用的東西 XD

用這測器像一定不準確、但是擺在桌上實在很可愛

觀察裡面的結晶也相當有趣呢!!

亞馬遜訂購:4020円(日幣)

 

 

之前忘記在什麼網站載來的日文的製作說明如下:

フィッツロイの天気管
(FitzRoy's Storm Glass Barometer)
________________________________________
それでは必要な物を揃えましょう。
まずはメインの結晶となる樟脳。余計な物が含まれていない、純粋な樟脳を選択しました。
と言いつつ、最も重視したのは価格だというのは否定しません。
________________________________________
硝酸カリウムと塩化アンモニウム。
こんなにたくさんの量は必要ないのですが、まあ、A型ですし、ええ。
近所の薬局に注文して購入。住所・氏名・用途なんかを記入させられます。
用途には無難に「食品の添加剤」と書いておきました。(実際、食品に使用されています)
「天気管製作の為」とか書いても首を傾げられるだけでしょうしね。
あとは溶媒となるアルコールですが、まあ無難に無水エタノールでいいでしょう。
________________________________________
適当な大きさの容器を2つ用意します。
これから2種類の溶液を作る為です。
________________________________________
硝酸カリウムと塩化アンモニウムをそれぞれ5gずつ量ります。
あ、このレシピは最終的に約200mlの溶液ができる配分になっています。
必要量に応じて重量を調整してください。
________________________________________
計量した硝酸カリウムと塩化アンモニウムを、約70mlの水(純水か精製水)に溶かします。
これを仮にA液としましょう。
________________________________________
続いて樟脳を約20g量ります。
写真は21gになってますが、1gくらいズレようがどうということはないです。
レシピ通りの料理しかできないようでは、ダンナは家に帰ってきませんよ。
________________________________________
計量した樟脳を約80mlのアルコールに溶かします。
マルイシの無水エタノールです。
いい加減、そろそろマルイシはワタクシにエタノール一年分を送るべきではないでしょうか。
でしょうか。
________________________________________
溶解中。
簡単に溶けるはずです。
これを仮にB液としましょう。
________________________________________
A液もB液も、無色透明になるまでしっかりと溶かしてやります。
________________________________________
完全に溶けたら、2つの液を混合します。
すると、一気に樟脳の結晶が晶析するはずです。
急激に結晶が晶析したため、結晶形がとても小さくなっています。
これではキレイな羽のような結晶を観測するのは難しいので、再結晶という作業を行います。
________________________________________
混合した液を湯煎にかけて溶かします。
最近大活躍の、ろうけつ染用恒温器です。
ちなみに沸騰させる必要はありません。というか沸騰させないでください。結晶が溶ければいいだけです。
温度を上げすぎるとアルコールがどんどん揮発して溶液が濃くなり、結晶が出過ぎてしまいます。また、揮発防止に密閉して加熱するのも危険です。内容物が膨張して、最悪破裂する可能性も。
________________________________________
ネジ口試験管という、ネジ蓋の付いた試験管です。
サイズも色々ありますので、好みで調達してください。
ちなみにワタクシは長さが16cmというのを購入。
________________________________________
ネジ蓋部分を確認してみると、密閉率は低そうでしたので、シールテープを巻いてシールします。
完成品が液漏れしたら台無しですからね。
シール塗料で完全にシールしてしまうのも良いと思いますが、この後少し溶液の調整をしますので、密閉シールするのはそれからがいいでしょう。
________________________________________
溶けています。
白濁していますが、しばらくすれば完全に透明になります。
________________________________________
湯煎は継続し、溶液を暖めながら試験管に封入します。
溶液が冷えると、すぐにまた白濁してきます。
________________________________________
この状態で、室温でゆっくり冷まします。
これが「再結晶」という作業で、急冷するよりも結晶がやや大きくなり、また形も安定します。
________________________________________
完全に冷めました。
キレイな結晶が出ていますね。
ここで結晶量を最終調整します。
結晶が多いと感じたら、アルコールを数滴追加、結晶が少ないと思ったら、水を数滴追加してください。
微妙なバランスですので、ほんの数滴で結晶量が劇的に変わります。くれぐれも入れすぎに注意して調整してください。
________________________________________
天気管本体は完成しましたので、台座を作っていきます。
もう単純に木工ですね。
市販の台座と、ギター製作で余ったマホガニーの端材です。
________________________________________
おもちゃ屋に勤める友人から「いらないからやる」と大量に在庫を押しつけられた、ろくろ倶楽部用の土です。
売れてねぇんだなぁ・・・。値札が付いていますが、一袋¥1890もします。そりゃ売れんわ。
というわけで、有効活用させてもらいましょう。
________________________________________
3cm角、深さ5mmほどの穴を掘りました。
カッターとか彫刻刀でサクサクいけます。
________________________________________
空き缶を探したのですが、今うちにある空き缶はこれだけでした。
よりによってツナ缶かよ・・・。
ま、なんでもいいんですが。
________________________________________
注ぎ口を作っておきます。
中に入っているのは、細かく刻んだ鉛です。
釣り用のいらない重りをニッパーで刻みました。
________________________________________
おもむろにこれを火にかけて溶かして・・・。
カセットコンロとかの火で簡単に溶けます。
ツナの香ばしい匂いが・・・。
________________________________________
溶けたら粘土の型に流し込みます。
陶芸用の土なら大丈夫ですが、油粘土とか紙粘土はやめましょう。
前者は溶かした鉛が弾ける可能性がありますし、後者は燃えます。
陶芸用土、テラコッタ粘土とかなら大丈夫でしょう。
これは本体に仕込む、転倒防止用の重りになります。
________________________________________
マホガニーは4cm角のサイコロ状に切断、センターに穴をあけます。
________________________________________
ピッタリです。
お、キレイな羽状の結晶が出ていますね。
明日は曇りか晴れというところでしょう。
________________________________________
試験管の蓋の径と試験管本体の径が違うので、上に被せて蓋を見えなくするカバー(?)も作りました。
________________________________________
台座をトリマーで適当にザグって、鍛造した鉛を内蔵します。
完成後見えなくなる部分は基本的には手抜きです。
そういう人なんです。
あ、鉛はエポキシ接着剤でしっかりと固定します。
________________________________________
台座とサイコロ合体。
滅多に登場しないクランプです。滅多に登場しない理由は、その存在を忘れていることが多々あるからです。
________________________________________
試験管の穴にもエポキシを充填しています。
で、カバーをタイトボンドで接着します。
________________________________________
乾いたら全体を#400くらいでならしておきます。
試験管本体は汚れや傷がつかないように、マスキングしておきましょう。
________________________________________
塗装はシェラックを使うことにしました。
オレンジシェラック、濃さは2ポンドカットです。
エタノールが無くなったので、今回初めてメタノールに溶かしてみました。
エタよりもメタのほうが塗膜が固くなるなんて都市伝説もありますが、本当でしょうかね。
「火力発電した電気と原子力発電した電気とでは、アンプを通した時に音質に差が出る」というレベルの話と同じような気がします。
________________________________________
おお、写真がないので巻きでいきます。
塗装が乾いたら、真鍮板で作ったタイトルプレートを取り付けます。
作り方はコチラ。
娘が釘を打って取り付けてくれました。
________________________________________
完成です。
後の珊瑚が写り込んで、すこぶる邪魔ですね。
________________________________________
時間とともに結晶形も変化します。
見ていて飽きませんね。
ええ、ちょっと嘘を付きました。
________________________________________

真鍮プレートアップ。
Admiralは訳すと提督。つまり、フィッツロイ提督の天気管、という意味ですね。
なかなか作りごたえがあって、完成品も見栄えがするので、ぜひ自作してみてください。
完成品は、買うと高いですからね。
そして、機会があればぜひ黒バックで写真を撮り直したいと思います。
それではまた来週。 

 

文章標籤
創作者介紹

小羽 ♥ 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(6) 人氣()


留言列表 (6)

發表留言
  • W.S. Wedding
  • 好酷喔~~原來還有這種東西
  • XD我也覺得超酷的!!
    每天觀察他結晶長得不一樣~~~~

    小羽 ♥ 於 2014/11/06 21:19 回覆

  • 小荷
  • 很漂亮啊
    雖然天氣不一定準確
    也是個很漂亮的裝飾品!!
  • (●´ω`●) 真的~
    我每天都很認真觀察他還是觀察不出個所以然
    但是擺在桌上看他漂亮漂亮心情就很好♥

    小羽 ♥ 於 2014/11/10 12:28 回覆

  • 訪客
  • 哈囉你好,我也很喜歡這個tempo drop。
    請問你是請人從日本買回來的嗎?
    請問在日本哪裡買的呢? 謝謝
  • Hi!!是在亞馬遜上面刷卡訂購的唷!!
    寄送到住宅~
    目前台灣網拍也買的到,但是比日本貴一點點~

    小羽 ♥ 於 2015/01/21 14:48 回覆

  • Anya Kuo
  • 你好~
    請問這個氣象球在台灣氣候也會常有變化嗎?
    想買但考慮在南部氣候不冷, 不曉得會不會常常都是的狀態呢?
    謝謝你> <
  • Anya Kuo
  • (上篇漏字了不好意思@@")

    你好~
    請問這個氣象球在台灣氣候也會常有變化嗎?
    想買但考慮氣候不冷, 不曉得會不會常常都是水(透明)的狀態呢?
    謝謝你> <
  • hello!!
    台灣的氣候來說還是有變化唷!!!!
    我住在台北(這幾天日夜溫差很大)
    常常出門時候他是清澈的結了大片大片的結晶沉澱在底下、
    晚上下班到家他已經冷的飄雪了XD
    目前獲得他到現在還沒經歷過夏天、
    所以不知道要是天天都很熱他會不會就維持同個狀態~
    以上經驗供你參考唷!!

    小羽 ♥ 於 2015/01/25 17:18 回覆

  • yan
  • 你好,我想問一下帶回國的時候是把天氣瓶寄倉嗎?不會破嗎?
  • 是的、就放在行李箱裡拖運。
    跟圖片一樣他是放在一個保麗龍盒子裡面再放進紙盒裡面,
    外面可以在加上自己的外套衣服行李裹住~~~~
    其實包好的話緩衝效果非常足夠不會破掉唷!!!!

    小羽 ♥ 於 2015/03/29 22:12 回覆

找更多相關文章與討論